はじめに

はじめまして、鳥山貴弘と申します。東京日本橋のタオル問屋3代目として生まれ、40歳をすぎ、いよいよ世代交代の時期を迎えています。とはいえ、コロナ禍による影響は大きく、店舗を構える地元の姿も急激に変化しています。

何かを成し遂げたわけではないけれど、3代目として何ができるのか、何がしたいのか。今回、自分自身のライフストーリーを等身大で綴ることで、その輪郭を探す旅にでました。背伸びすることなく、焦ることなく、自分を大切にできたら幸せだと改めて思っています。

このサイトでの出会いから、実際にお会いできるのを楽しみにしています。

鳥山 貴弘

PROFILE

鳥山 貴弘(Takahiro Toriyama)

タオルの新しい可能性を探るモラルテックス株式会社・代表取締役、創業70年の老舗タオル問屋の日東タオル株式会社・専務取締役。

2014年4月、祖父が創業し、現在は父が社長を務めるタオル問屋「日東タオル」に戻り、専務取締役に就任。
2016年9月、関連会社モラルテックス株式会社を弟と創業・代表取締役に就任し、新しいタオルの可能性を探っている。翌年、千代田区東神田にカフェを併設したタオルセレクトショップ「モラルテックス・ラボ」をオープン。

モラルテックス Instagram

従来のタオル問屋にはなかった「開かれた場」として、カフェ併設のタオルショップをオープン。地域のイベントスペースとしても活用されるなど、様々なコラボレーションなどが生まれています。

日東タオル

1947年、東京日本橋に創業したタオル総合商社。タオルのプロフェッショナルであるタオルソムリエが10名以上在籍し、様々な用途に合わせ、高品質で幅広いラインナップの商品を提供しています。

MEDIA

繊研新聞 2021.4.16

繊維ファッションビジネス専門紙に、クラウドファンディングや承継世代の経営相談について取り上げていただきました。

日本橋経済新聞 2021.4.12

江戸切子の老舗「華硝」がタオル店とコラボ/和の伝統模様「米つなぎ」モチーフにと題して、掲載されました。

Greater日本橋マガジン2021年4月号

日本橋エリアの地域コミュニティ誌「Greater日本橋」に、モラルテックスと江戸切子の「米つなぎ紋様タオル」が掲載されました。

STORY

鳥山貴弘ライフストーリー

人懐っこい幼少期から、
円形脱毛症に苦しんだ学生時代

がむしゃらに働いた
コンサルタント時代

自宅療養と震災を経て、
東京での生活から現在に至るまで

これまでの道のりを綴りました。

自分の半生を振り返ると
「ジェットコースターの様な時間を歩んできたな」という思いがあります。

読んでくれた方の人生とシンクロするところ、
共感できるところがひとつでもあれば嬉しく思います。

INTERVIEW

対談インタビュー

地域に根ざし、様々な人と人のつながりや、先代から引き継いだご縁などから、新たな試みに取り組んでいます。

ここでは、モラルテックス代表として、協同させていただいた方との対談を掲載しています。

ご連絡は、こちらから承ります

サイトをご覧いただきありがとうございました
モラルテックスの活動や鳥山貴弘との協同について、ご質問やご相談などございましたらご連絡ください。また、取材等メディアの方からのご連絡もこちらから承ります。